ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここから本文です

東京コンピュータシステム株式会社

所在地新宿区西新宿3-2-11 新宿三井ビルディング二号館12F

URLhttp://www.tcsy.co.jp/

業種情報通信業

従業員数92人



業務内容
設立から40年にわたり、通信制御分野を主軸に、物流業、金融業支援システム等のソリューション業務にて多数の実績があります。また、インフラ整備を含めたインテグレーションサービスを、お客様の業務に合わせご提案させて頂いております。

企業PR
東京コンピュータシステム株式会社は、社長以下、技術者の集団です。自分たちが幸せであることで、お客様の夢の実現を目指しており、そのためのさまざまな環境づくりに取り組んでおります。育児・介護制度はじめ、ライフワークバランスに関する制度の充実を社員の意見も取り入れながら進めております。

育児と仕事の両立支援

評価項目 制度
(1つ0.5点)
実績
(1つ1点)
導入制度
育児休業
子が1歳以上でも育児休業を取得可能、又は、保育園に落選した場合に、2歳を超えても育児休業を取得可能。

(中小企業:法定通りに育児休業が定められている。)
 
男性従業員が15日以上の育児休業を取得している。
 
 
子育て
関係
の休暇
看護休暇について、対象となる子が1人の場合は6日以上(2人以上の場合は11日以上)と定められている。

(中小企業:法定通りに対象となる子が1人の場合は5日以上(2人以上の場合は10日以上)であることが定められている。)
 
 
看護休暇を時間単位に分割して取得できる。

(中小企業:法定通りに半日単位に分割して取得できることが定められている。)
 
 
看護休暇を小学校就学以上の子を持つ従業員も取得できる。  
 
 
看護休暇が有給である。  
 
 
看護休暇以外の、育児目的休暇の制度がある。
 
 
 
配偶者が出産したときの休暇制度がある。
 
柔軟な
働き方
の制度
3歳以上の子を持つ従業員にも短時間勤務制度がある。

(中小企業:法定通りに3歳に満たない子を養育する従業員に、短時間勤務制度が定められている。)
 
育児をする従業員が利用できるフレックスタイム制度又は時差出勤制度がある。  
 
 
育児をする従業員が利用できるテレワーク制度がある。  
 
 
相談窓口
・研修
相談員又は相談窓口の設置がある。
 
育児との両立に関する管理職に対する研修を行っている。  
 
 
育児との両立に関する社内制度の周知を行っている。
 
「○」 の数の合計
6
5
 
得点
3
5
 
合計得点/獲得★
8

介護と仕事の両立支援

評価項目 制度
(1つ0.5点)
実績
(1つ1点)
導入制度
介護休業
介護休業が94日以上取得できる制度がある。

(中小企業:法定通りに介護休業が定められている。)
   
介護休業が4分割以上にできる旨が定められている。

(中小企業:法定通りに介護休業が3分割にできる旨が定められている。)

   
介護の
ための
休暇
対象となる家族が1人の場合は6日以上(2人以上の場合は11日以上)と定められている。

(中小企業:法定通りに対象となる家族が1人の場合は5日以上(2人以上の場合は10日以上)であることが定められている。)

   
介護休暇が時間単位に分割して取得できる。

(中小企業:法定通りに半日単位に分割して取得できることが定められている。)
   
介護休暇が有給である。      
介護休暇以外で、介護に関する目的で利用できる休暇制度がある。      
柔軟な
働き方
の制度
介護をする従業員が利用できる短時間勤務制度がある。    
介護をする従業員が利用できるフレックスタイム制度又は時差出勤制度がある。      
介護費用の一部を支援する制度がある。      
介護をする従業員が利用できるテレワーク制度がある。      
相談窓口
・研修
相談員又は相談窓口の設置がある。  
介護との両立に関する管理職に対する研修を行っている。      
介護との両立に関する社内制度の周知を行っている。  
ハンドブック等、介護全般に関する会社独自の普及啓発資料を作成している。    
「○」 の数の合計
6
2
 
得点
3
2
 
合計得点/獲得★
5
0
ここからフッターメニューです